1. ホーム >
  2. お知らせ一覧 >
  3. 2017年度 報恩講 - 謝すべし 報ずべし -

2017年度 報恩講 - 謝すべし 報ずべし -

報恩講
「報恩講」は親鸞聖人のご命日をご縁にお勤めする法要です。お気軽にお参りください。
  • 13日(水)親鸞聖人御絵伝拝観

    ●とき/午後0時~午後1時 ●ところ/本堂西余間

    親鸞聖人御絵伝拝観

    『御絵伝』は、宗祖親鸞聖人の90年のご生涯が感銘深く描かれたお軸です。後々の世まで本願念仏の教えを伝え護っていかねばならないという作者・覚如上人の強い責任感と使命感を感じることができます。
    今回、宇治谷祐司氏による絵解き法話を通して宗祖の歩みを紐解いていきます。

  • 14日(木)音楽法要

    ●とき/午後2時~3時 ●ところ/本堂

    音楽法要

    名古屋教区で長きにわたり仏教讃歌を歌ってきた合唱団による仏教讃歌を唱和する法要です。「宗祖親鸞聖人750回御遠忌音楽法要曲」をお勤めします。
    ※法要前に本堂内にて歌詞を配布します。

  • 15日(金)『御伝鈔』拝読

    ●とき/午後3時30分頃~5時30分頃 ●ところ/本堂

    『御伝鈔』拝読

    『御伝鈔』は『本願寺聖人伝絵』といい、親鸞聖人の伝記として本願寺第3代覚如上人がご制作された絵巻物です。上巻(全8段)下巻(全7段)にわたる行実がロウソクの灯りが揺らめく厳粛な雰囲気の中、拝読されます。

  • 16日(土)宗祖親鸞聖人讃仰講演会

    ●とき/午後4時30分~6時30分 ●ところ/対面所(本堂東側)

    宗祖親鸞聖人讃仰講演会
    講題 「私のかえるところ」 講師 靍見 美智子
    宗祖親鸞聖人のみ教えを讃え仰ぐ講演会を開催します。
    靍見氏がこれまでの生活の中で出遇った親鸞聖人の教えに耳を傾けてみませんか。
    どなたでもご聴聞いただけます。
  • 17日(日)リレー法話

    ●とき/午後4時30分~9時まで ●ところ/対面所(本堂東側)

    法話テーマ「報恩講和讃に聞く」

    法話テーマは「報恩講和讃に聞く」です。今年度は「弥陀成仏のこのかたは」から始まる六首を、六人の布教使に一首ずつリレー形式で法話していただきます。
    「休憩2」では、別院本堂にお供えされたお仏飯を使った“おかゆ”がふるまわれます。

  • 18日(月)帰敬式(おかみそり)

    ●とき/午前9時~9時30分頃 ●ところ/本堂

    帰敬式(おかみそり)

    真宗は、俗を離れ、戒律をまもり厳しい修行に励む"出家仏教"ではありません。生活の中に仏さまの教えをいただく真宗門徒の名のり「法名」を頂戴する帰敬式(おかみそり)をぜひ受式ください。名古屋別院では大谷暢顯門首により執行されます。

リレー法話スケジュール

子ども報恩講
子どもたちで『正信偈』をお勤めする報恩講です。ご家族で一緒に楽しめるもちつき大会や子ども法話なども催します。一緒にほとけさまに手をあわせましょう。

子ども報恩講

期日/12月23日(土・祝)

締切 12月8日(金)

お申込・日程についてのお問合せは 社会事業部 / TEL 052-331-9576

手作り念珠教室

手作り念珠教室

期間/12月14日(木)~17日(日) 全4回

●定員  各回20名(先着順) ※11月6日(月)より受付開始

自分たちで念珠を作成します。スタッフが丁寧に説明・指導し、どなたでも簡単に作ることができます。参拝記念にいかがですか。

親鸞と被差別民衆展

親鸞と被差別民衆展

●期間/12月13日(水)~18日(月)

親鸞聖人の教えの立脚地とは何かを学び、聖人が生きた時代の身分制や被差別民衆について考えます。また、現代における親鸞思想の意義を確かめ、人間解放の道を顕かにしていくところから、浄土真宗と部落問題について考えてみたいと思います。

同時開催 子ども広場

精進マート

●期間/12月17日(日)

お寺の行事に気軽に親しみ、【和】の根底に流れる仏教の文化や歴史に触れ、日々の暮らしに持ち帰ることのできる市です。

協賛行事のお申込み・お問い合わせはこちら 社会事業部 / TEL 052-331-9576

当日は駐車場が混みあいますので、公共交通機関をご利用下さい。

アクセスはこちら

お問い合わせ

  • 主催/真宗大谷派名古屋別院(東別院)
    住所:〒460-0016 名古屋市中区橘2-8-55(地下鉄「東別院」駅4番出口より西へ徒歩3分)
    TEL:052-321-9201(代) FAX:052-321-3184