1. ホーム >
  2. お知らせ一覧 >
  3. 「納骨法要」についてのお願い

「納骨法要」についてのお願い

「納骨法要」縮小執行について と ご来院お控えのお願い
 
 「納骨法要」は名古屋別院に預骨(納骨)をお申込みいただいた方にご案内する法要です。毎年、7月15日にお勤めしており、たいへん多くの方にお参りいただいております。
 この「納骨法要」につきまして、もちろんこれからも多くの皆さまにお参りいただき、親鸞聖人の歩まれた本願念仏の道を、ともに確かめてゆきたいと念願することでございます。しかし、昨今の新型コロナウイルス禍を鑑みますと、例年通りの形で皆さまをお迎えすることは控えさせていただかざるを得ません。つきましては、今年の「納骨法要」は内容を変更して執行させていただきますとともに、ご来院をお控えいただきますようお願いさせていただきます。
 
【法要内容の縮小】
 具体的には、例年より短い式次第の法要にさせていただきます。また、本堂での法要と納骨堂での法要を同時刻に執行させていただきます。さらには、法要中、本堂内にとどまっての参拝を制限させていただきます。
 
【ご自宅でのお参りのお願い】
 これらのことは、ウイルス感染防止の観点から対策するものですが、そのような工夫をしたとしても、はからずも“密集場所”“密接機会”ができてしまうことが容易に予想されます。それを避けようとすると、熱い炎天下で長時間お待ちいただくことになりかねません。
 
 そのようなことから、今年の「納骨法要」はご自宅で手を合わせ、お参りいただくことを、不本意ながらお願いしたく存じます。
 
【ご命日などには、どうぞお参りください】
 このようなことをお願いしなければならないのは、たいへん心苦しいことでありますが、今回はご来院をお控えいただき、安心してお参りできるようになりましたら、12月13日~18日の「報恩講」、また来年の「納骨法要」に、さらには8月13日~15日の「歓喜会 夜間参拝」等に、ぜひお越しいただきたく存じます。
 本堂、境内を閉鎖しているわけではございません。毎朝6時頃から16時頃までは本堂にご焼香の用意もございます。どなた様もお参りいただけますので、それぞれのご命日等にも、ご自身の体調にご配慮いただき、どうぞご来院くださいませ。
 
 皆さまに今後も安心して名古屋別院にお越しいただくための、止むに止まれない対応でございます。ご理解の程、なにとぞ宜しくお願い申し上げます。
 

真宗大谷派名古屋別院 参拝接待部

◆◆◆◆◆
 
 
なお、ご懇志は郵便局からのお振込みでもお受けいたしております。お納めの方には賞典の品をお送りいたします。
 
※「納骨法要」においてのご懇志の場合は、振込用紙の備考欄に「納骨法要」とご記入願います。また、賞典の品をお送りいたしますので、ご住所のご記入をお願いいたします。
 

【振込先】郵便局
口座番号 00800-7-55104
加入者名 真宗大谷派名古屋別院