1. ホーム >
  2. 教えにふれる >
  3. 読むページ >
  4. 仏教伝来

仏教伝来

名古屋別院の参道には、「仏教伝来」をテーマにした6基のモニュメントが並んでいます。お釈迦さまの生涯と、インド・中国・日本の七人の高僧、聖徳太子を経て親鸞聖人に届けられた歴史が刻まれています。

誕生

仏教は釈尊の教えであると同時に、私たちがブッダ(仏)となる教えです。釈尊とは釈迦族の聖者のことであり、ブッダとは真理に目覚めた人を意味します。釈尊は今から約2500年前、インド北部のヒマラヤ山脈のふもとの釈迦国の王子として生まれ、ゴータマ・シッダールタと名づけられました。
釈尊は生まれるとすぐに七歩あゆみ、天と地を指さして「天上天下唯我独尊」と宣言されたといわれます。これは自分だけが尊いという意味ではなく、「われまさに世において無上尊となるべし」(仏説無量寿経)とあるように、誰にも代わってもらえない、尊い者として自己を完成しよう、という決意の言葉です。
誕生の時、甘露の雨が降ったという伝説から、4月8日の花まつりには、誕生仏に甘茶をかけ蓮華の花を飾り、お祝いします。

降魔成道

ゴータマ・シッダールタは、王子として裕福な生活をしていましたが、生・老・病・死という人間の根源的な苦悩を解決するため、29歳の時出家し、求道の旅に出ました。
厳しい六年間の苦行の末、これは悟りへの道ではないと知り、ネーランジャラー河で身を洗い、村娘のスジャータから乳がゆの供養を受けて体力を回復します。そして菩提樹の下に座し、真理を悟るまではこの座を立たないとかたく誓い、深い瞑想に入りました。
心の奥底にひそむ煩悩が、悪魔の娘となり悩ましい姿で誘惑し、悪魔の軍勢となり武器を持って釈尊に襲いかかりますが、ことごとく撃退します。そしてついに人間を苦悩から解放する、縁起の理法を悟り、ブッダとなり釈尊が誕生しました。時に35歳の12月8日、満月の明け方でした。

初転法輪

菩提樹の下で悟りを開いた釈尊は、これをくり返し吟味した末、この法はあまりに深く微妙であり、欲望にまみれた人間にはとても理解できないであろうと、人々に説くことをためらいました。
この時梵天が現われ、その優れた教えを説いてほしいと再三お願いしたところ、釈尊は自分だけが正覚を得たとしても、人々が救われなければ本当の正覚とはいえないと考え、説法を決意します。
 まずサールナートの鹿野苑にいた五人の仲間に法を説かれます。初めて法の輪が転じられたので初転法輪といわれ、その教えは人間の苦悩を解決する四つの真理(四聖諦)とその実践道(八正道)であったといわれます。
この五人の帰依により、初めて仏教のサンガ(教団)が成立し、以後四十数年にわたり、釈尊は各地で教えを説かれました。

涅槃

80歳になった釈尊は、ガンジス河を渡り故郷へ向かう旅の途中、病気になりました。いつもそばに仕えていた弟子のアーナンダは、死を予感しうろたえ悲しみます。その時釈尊は「自らを灯(依り所)として、他人を依り所とせず。法を灯(依り所)として、他のものを依り所としてはならない」と説かれます。
そしてクシナガラのサーラ樹のもとで、身を横たえて静かに生涯を終えられ、涅槃に入られました。涅槃とは煩悩の炎が吹き消され静寂になった状態、入滅を意味します。
最後の言葉は「すべてのものはうつろい変わっていく。怠ることなく努めはげみなさい」であった。
釈尊の涅槃の日は、2月15日とされています。

仏教伝来~インド・中国~

釈尊入滅後、教えは経・律・論の三蔵としてまとめられ、やがて仏教は全アジアに広がり国や民族を越えて、人々の魂の救いとなりました。教団は上座部と大衆部に分かれ、上座部はスリランカ・東南アジアへ伝わり、大衆部は大乗仏教となりシルクロードを通り中国へ伝わります。
大乗仏教は、自ら仏をめざすと同時にあらゆる人々と共に救われていく慈悲の心・菩薩の精神を基本にして、自覚と救済の運動へ発展しました。

~インド~

龍樹菩薩(ナ-ガールジュナ 南インドの僧 2~3世紀)
般若(空)の思想を確立し、大乗菩薩道を説く。八宗の祖師といわれる。
天親菩薩(ヴァスヴァンドゥ 北インドの僧 4~5世紀)
唯識の思想を確立し、願生浄土の道を説く。

~中国~

曇鸞大師(南北朝時代の僧 476-542)
中国浄土教の基礎を確立し、回向の仏道を説く。著作は『浄土論註』他 
道綽禅師(随・唐時代の僧 562-645)
中国浄土教を独立させ浄土門を説く。著作は『安楽集』他
善導大師(唐時代の僧 613-681)
中国浄土教を大成させ、凡夫往生の道を説く。著作は『観無量寿経疏』他

仏教伝来~日本~

東アジアに広まった仏教は、6世紀ころ朝鮮半島をへて飛鳥時代の日本へ伝わり、日本人の精神・文化に大きな影響を与えてきました。
インドから中国・日本への仏教伝来は、七高僧(龍樹・天親・曇鸞・道綽・善導・源信・法然)および聖徳太子による本願の仏道として、親鸞聖人によって明らかにされました。これは人類普遍の救いの歴史であり、人間性回復を求める人々の深い願いに応える仏道です。

~日本~

聖徳太子(飛鳥時代の政治家 574-622)
推古天皇の摂政をつとめ、仏教に深く帰依し仏教による政治をめざす。親鸞聖人は「和国の教主」と尊敬された。著作は『十七条憲法』他
源信僧都(平安時代の僧 942-1017)
比叡山で日本浄土教を確立し念仏往生を説く。著作は『往生要集』他
法然上人(鎌倉時代の僧 1133-1212)
善導大師の専修念仏の教えに帰依し、浄土宗を独立。親鸞聖人(1173-1262)の恩師。著作は『選択本願念仏集』他

「教えにふれる」各種事業に、ぜひご参加ください。

東別院の出版物や書籍のご案内

東別院(名古屋別院)と名古屋教区が発行する書籍や機関誌はこちらです。

▲ ページの上部へ