1. ホーム >
  2. 尾張のお寺情報 >
  3. お寺ではこんなことやっています >
  4. お寺の法要

お寺の法要

真宗寺院では、年間を通してさまざまな法要が勤まっています。ここではそれぞれの法要がどのようなものなのかを紹介します。

  • 報恩講

    報恩講(ほうおんこう)とは浄土真宗の宗祖、親鸞聖人の御命日法要です。浄土真宗ではもっとも大切な法要であり、昔から各寺院はもとより、門徒宅でもお勤めがされてきました。11月28日の親鸞聖人の御命日に合わせ、京都の真宗本廟(東本願寺)では、例年11月21日から28日までの8日間、名古屋の東別院では12月13日から18日の6日間、勤められます。

    詳しくはこちら

  • その他の法要

    報恩講以外の法要としては、修正会(しゅしょうえ)、彼岸会(ひがんえ)、誕生会(たんじょうえ)、歓喜会(かんぎえ)、永代経(えいたいきょう)があります。(寺院によっては勤められていない場合もあります)

    詳しくはこちら

▲ ページの上部へ