1. ホーム >
  2. 参加する >
  3. 法話・講座・イベント >
  4. 講座と研修 >
  5. 信道講座

信道講座

毎月第二日曜日午前10時~12時、聴講料300円。1997年、前身である信道会館教養講座から名古屋別院に移行し、名称を改めて開催されることとなった「信道講座」。この「信道」とは、「信は道の元とす、功徳の母なり」(『華厳経』)からその名をいただき、今日まで120年にもわたって相続されてきた講座です。真宗・仏教のみならず、歴史や哲学の分野からも専門的な講師が講話されます。
※信道講座の講義録は書籍として頒布しております。1冊12回分、1500円












次回の「信道講座」 

一人の門侶が歎き吐露した「先師ノ口伝ノ真信ニ異ナルコト」(前序)。「歎異篇」のことばは、親鸞聖人を宗祖と仰ぐ私たちの姿勢を問いただすものでもあります。ぜひ聴聞ください。

講 題 親鸞聖人とその門弟
講 師 草野 顕之氏(大谷大学教授)
プロフィール 1952年福岡県生まれ。1972年大谷大学文学部史学科入学。同大学を卒業後、同大学大学院修士課程を経て、1981年同大学大学院博士後期課程を満期退学。大谷大学特別研修員、非常勤講師等を経て、1985年大谷大学専任講師に就任。1993年助教授、2000年教授に昇進。2006年~2009年学監文学部長、2010年~2016年学長を務める。この間、2003年に「戦国期本願寺教団史の研究」で博士(文学)の学位を修得する。専門は日本仏教史(中世)・真宗史。現在、大谷大学文学部教授、真宗大谷派嗣講。
日 時 9月10日(日)午前10時~12時
会 場 名古屋教務所1階 議事堂アクセス
聴講料 300円(シュルタカード対象講座)


【今後の予定】   

10月 8日(日) 『歎異抄』第15章 中村  薫氏(同朋大学名誉教授)
11月 5日(日) 『歎異抄』第16章 松田 正典氏(広島大学名誉教授)
 ※第1日曜日
12月10日(日) 『歎異抄』第17章 講師未定
2018年
 1月14日(日) 『歎異抄』第18章 加藤 智見氏(東京工芸大学名誉教授)
 2月18日(日) 『歎異抄』後序①  池田 勇諦氏(同朋大学名誉教授)
 ※第3日曜日
 3月11日(日) 『歎異抄』後序②  池田 勇諦氏(同朋大学名誉教授)

▲ ページの上部へ