1. ホーム >
  2. 東別院を知る >
  3. 東別院の歴史 >
  4. 名古屋別院(東別院)年表

名古屋別院(東別院)年表

1679(延宝 7)年 一如上人、東本願寺16代を継職
1687(貞亨 4)年 この頃、名古屋城下6ヶ寺、名古屋御坊建立を本山に請願
1688(〃  5)年 名古屋城下の東本願寺派(現大谷派)寺院の大半、名古屋御坊建立に反対
1690(元禄 3)年 御堂衆閑唱寺了誼、名古屋御坊初代輪番に任命。尾張藩二代藩主徳川光友、名古屋袋町泉龍寺を名古屋御坊として公許
1691(〃  4)年 徳川光友、古渡城址(現在地)を御坊の地として寄進
1692(〃  5)年 梵鐘を鋳造。仮御堂が完成
1694(〃  7)年 本堂建造のための地築はじまる
1702(〃 15)年 本堂が完成
1805(文化 2)年 名古屋御坊再建の釿始式
1823(文政 6)年 東本願寺両堂焼失。名古屋御坊の古御堂を東本願寺の仮本堂に転用することを決める
1871(明治 4)年 名古屋御坊を名古屋本願寺と改称
1873(明治 6)年 名古屋本願寺を名古屋管刹と改称
1874(明治 7)年 名古屋管刹で名古屋博覧会はじまる。愛知県庁を名古屋管刹内に移す
1876(明治 9)年 名古屋管刹を名古屋別院と改称
1878(明治11)年 名古屋別院、明治天皇の行在所となる
1879(明治12)年 名古屋別院で第一回愛知県議会がはじまる
1894(明治27)年 日清戦争により、名古屋別院、兵舎となる
1904(明治37)年 日露戦争により、名古屋別院、軍用に徴発される
1924(大正14)年 御東幼稚園開設
1945(昭和20)年 3月12日空襲により、名古屋別院全焼
1966(昭和41)年 本堂完成。「名古屋御坊」誌創刊
1990(平成 2)年 名古屋別院開創三百年・開基一如上人三百回忌勤修
2003(平成15)年 東別院参道完成
2004(平成16)年 梵鐘が名古屋市指定文化財に指定される

▲ ページの上部へ