1. ホーム >
  2. 東別院を知る >
  3. 境内案内 >
  4. 境内案内 >
  5. 境内案内

境内案内

23.住田智見講師 句碑 (すみたちけんこうし くひ)

尾張真宗専門学校(現・同朋大学/名古屋市中村区)を創設した住田智見師(1868-1938)の句碑。1967(昭和42)年7月、師の生誕百年を記念して建立された。「白毫の 光尊し 夜半の秋  閑凡夫」。(「閑凡夫」は住田師の雅号)

23.住田智見講師句碑

23.住田智見講師句碑

24.明治天皇名古屋大本営 碑 (めいじてんのうなごやたいほんえい ひ)

1890(明治23)年に陸海軍の大演習を愛知県下で行った際、その大本営を別院に設けた記念碑。【25】の明治天皇行在所旧址碑とともに明治以降の国家体制として強化されていった天皇制に、別院までも追従していった歴史を垣間見ることができます。

24.明治天皇 名古屋大本営碑

24.明治天皇 名古屋大本営碑

25.明治天皇行在所旧址 碑 (めいじてんのうあんざいしょきゅうし ひ)

明治天皇の行幸が行われた際、別院が行在所として利用されたのを記念して建てられた碑。

25.明治天皇 行在所旧址碑

25.明治天皇 行在所旧址碑

26.豊本説教場 碑 (とよもとせっきょうじょう ひ)

豊本説教場は、現在の中区栄にあった別院の説教場のひとつ。1988(昭和63)年の名古屋都市高速道路の工事の際に出土し、別院へ運ばれました。

26.豊本説教場碑

26.豊本説教場碑

▲ ページの上部へ